1. メンタル
  2. 28 view

うつ病になるきっかけ

「うつ病」という病気になってしまう最初のきっかけの話をします。

うつ病の初期。。。つまり軽い「うつ症状」が出始めた頃は、
気分がさえない。
体がだるい。
やる気が起きない。
頭痛・肩こりがする。
などの状態となります。誰もが起こりえる、少し調子が悪い状態です。

このときに、多分、ほとんどの人は

「眠れない」
「眠りにつけない」
「夜中や朝方に目が覚めてしまう」
「眠りが浅い」
「悪夢をみる」

ことを経験しているはずです。

「眠れなかった」結果、翌日、仕事場で「眠く」なり、「仕事の効率が落ち」「対人関係なども面倒になり」「イライラ」したりします。次の日も、また次の日も、「眠れない」状態がつづくと、身体能力が低下し、頭の回転もにぶくなり、、、、

うつ病の始まりは、眠れないこと だと思います。

質の高い、よい睡眠ができるようになれば、初期のうつ病は、早期に治せることができる と思います。

よい睡眠ができるようになるためには、どうしたらいいか

次回、書きたいと思います。

メンタルの最近記事

  1. 新・国家資格「公認心理師」に期待したいこと

  2. メンタル不調者の職場復帰の難しさ

  3. うつ病と通勤時間

  4. バブルの再来! 24時間戦えますか?

  5. 新型うつ病は、病気?詐病?

関連記事