健康で元気に働く人を増やすこと

  1. 私見
  2. 2 view

有給休暇は気分がいい!

ドクタートラスト 社長の高橋です。

日本の企業で働いている人たちの「有給休暇」について

取得率が低いことが、うつ病や過労死に繋がっている! ということが問題になっています。

有給休暇の取得は、労働基準法第39条に定められている労働者の権利です。

法律で定められている有給付与日数
o0489007012288599366

日本企業で働く方の、有給取得率は、毎年50%を下回っています。企業文化や社風として50%までしか取得できない会社が多いこと。仕事が多くて休めない。上司の目が怖い。人事の査定に響くなど、付与された日数ぎりぎりに休んでしまうと、風邪などを引いたときに、「欠勤」になってしまう。。。という上司の言葉が、消化しきれない最大の原因かと思います。


弊社は、入社と同時に、
正社員は一律、年間20日の有給を付与しています。

会社の方針として、毎月1日は、有給を取得するよう指導しています。

お陰で?有給消化率は90%程度と高く、

毎年3月には、有給が足りなくなる寸前の社員が続出します。^^

風邪などの病気で休むことは、辛いものですが、

平日に休むことは、気分のいいものです!

皆さん! せっかくの権利なので、どんどん平日に休めるようにしてみましょう!

会社にとっても、健康な社員が増えることになるので、大いにプラスになると私は考えています。

 

 

私見の最近記事

  1. 長時間労働による過労自殺をどう防ぐか

  2. ストレスチェックの問題点

  3. 新・国家資格「公認心理師」に期待したいこと

  4. ストレスチェックの義務化に思うこと

  5. 残業時間が過去最長記録を更新(2014年)

関連記事