健康で元気に働く人を増やすこと

  1. 社内
  2. 6 view

就活|内定を取る秘訣

ドクタートラスト社長の高橋です。

我が社の新卒者の印象は、若いのに、堅実で、まじめで、言われたことを一生懸命に対応するし、不安なことがあれば、上司に相談し、指示を確認する。時折、タメ口になる位?コミュニケーション能力も高い!お酒もよく飲むし、活動的である。勉強熱心なので、戦力化が早く、安心して仕事を任せることができる。(私の新人の頃とは大違いである。。。新人類と諸先輩からよく怒られたものです)我が社では、新卒者の社員のレベルが皆、期待以上に高いことから、中途採用を絞り、積極的に新卒採用を増やす方針です。

<内定をとる秘訣>

①会社の選び方

基本は有名企業・大きい会社がいい。
その理由は、数十年経ったときの「人脈」があなたを助けることがあるから。
その代償として
大きな会社は、大きくなった背景に、きつい労働環境が社風として確実にあることを知ろう!(就職人気企業の6割は過労死レベルを超える残業)
また、社内の競争が厳しく、上位20%に入れない場合は、愚痴の多い人生になる。
自分がやりたいことは、10年間はまず出来ないと想うべき。
早く幸せに近づくためには、20年後に大企業になる可能性がある成長している中小企業を探すこと。
大企業だから安心と思うのは間違い。どんな業界も1位以外は、いつも不安定である。
就職戦線がスタートし、すでに良い学生は、大手企業の多くが内々定を出している。

良い学生は、一人で何社も内定をもらうため、実際に入社する人は内定者の3割以下になるらしい。このため、不採用通知を出さない補欠扱いの学生がどんどん増え、点数の良いものから段階的に(春、夏、秋と)順次補欠内定者(2次採用、3次採用というらしい)を出していくという。

2次、3次でもいいから、有名企業に滑り込みたいと、多くの学生は受験勉強のように思っているのではないだろうか。

大企業の場合、平社員が、自分の立ち位置をしっかりと築くことは、相当困難である。10年、20年立っても自分の居場所が定まらない人が、大半である。春までに内々定が出なかった人は、上位20%に入る可能性は低いと思う。

思い切って言い切ってしまうが、人から好かれる資質が、現時点でまだ足りないのだ。
そこで、方向転換。中小企業を狙っていこう。就活の早い段階で、この戦略をとった学生は、その後、成功するものが多いと感じる。

現在、急成長中の小さい会社の場合は、常に人手が足りず、最初から働くステージが大きく責任も大きく、どんなことでも、できなければならない。しかし、自分が社会に貢献している!活躍している!と毎日実感できることが、大企業との大きな違いだ。
自分の考え方に合致するそんな会社に出会えたら、朝起きることが楽しくてワクワクするような人生を送ることができる。

弊社はそんな会社だと言い切りたいが、寄りかかりたい人ではお断りだ。余裕がありそうな大企業を目指してほしい。

結局は、本人次第、気持ち次第。「働く」とは、人の役に立つことをいい、人の役に立つためには、自分を磨かねばならない。

自分を磨くことを楽しいと思うか、面倒だと思うか、は、気持ち次第。だが、そこで、将来の自分が決まってしまう。「働くステージ」は大きい方がいい。そのステージを、大きな会社と考えるか、大きな仕事と考えるか、大きな責任、大きなやりがいと考えるかは、これも本人次第だ。

②採用面接を楽しむこと

採用面接を楽しむことが、実は、内定をとる一番の秘訣とも言える。(自分磨きのトレーニング)緊張している場合ではないのだ。獲物を穫りに行くのだから。。。ドクタートラストでは、大学名や浪人、留年は問いません。ゆとり世代 大歓迎します!

③内定をたくさん取得する人の共通する特徴

1)第一印象が良いこと。

まず、(書類選考)では、写真が勝負。自分で選ばず、他人に相談して決めてもらおう。
次に、面接時。第一印象は、数秒で決まってしまう。挨拶と笑顔で当落の8割が決まる。

2)明るく、親しみ易い話し方で、人が集まってくるような素質を持っている。

 

リクルーターが、上(人事部長)に上げるかどうかの決め手は、『隣の席で一緒に働きたい』と面接担当者(先輩)が思うか思わないか!だけである。

シンプルに考えよう。

我が社の場合、直接、私が面接して、良い学生だと感じたら即その場で内定を出している。

私がこれまで最短で内定を出したのは、大阪支店に勤務するF君で、初めて会った瞬間から、30秒程度であった。
F君は、上記の1)と2)を完璧に持っており、こうなると履歴書などは、正直どうでもいいのだ。仕事を始めたF君は、瞬間的に、社内で人気者になり、取引先からもかわいがられるようになり、現在大活躍をしている。

弊社の仕事の内容は、
大企業の人事部長、課長クラスを相手に、働く人の健康増進のためのアドバイザーとして、医師と保健師と一緒になってサポートしていくという「医療サービス」の会社です。取引先は1000社を間もなく超え、産業保健の業界ではダントツ1位の会社です。更に無借金経営なので、中小企業だが絶対に潰れない事業基盤がある。新入社員にとっては、少々?(うそ!)かなりハードルが高い仕事ですが、このハードルの高さを、乗り越えていくこと自体が、我が社の社員を輝かせている源泉だと思っています!

是非、一度、我が社を見学に来て下さい!!! いつでもどうぞ! (要・予約)

dt-bnr

社内の最近記事

  1. 4月は人を大きく成長させる特別な月

  2. 2016年新卒採用・御礼

  3. 厳しい先輩が将来の自分を支える

  4. 社員旅行 2013 (沖縄3泊4日)

  5. ヤクルトの資料を作成しました!

関連記事